ご葬儀の流れ

  • 1. お電話ください 病院でお亡くなりの場合はJAにご連絡下さい。

    • 近親者に死亡したことを伝えます。
    • 医師より、死亡診断書を受け取ります。
    • ご遺体を移送します。(JAにて移送もできます)
  • 2. 日程の決定 寺院・ご遺族・JAとの間で式場・日程を決めます。

    • 寺院・JAとの間で、通夜・葬儀の形式・規模などを決めます。
  • 3. 葬儀の連絡 通夜・葬儀の日程・式場が決まったら関係者に連絡します。

    • 通夜・葬儀の日程・式場が決まったら連絡をします。

      1. 故人の氏名(連絡者との続柄)
      2. 死亡日時
      3. 通夜・葬儀の日時と式場
      4. 喪主の氏名(故人からみた続柄)

  • 4. 葬儀内容の決定と手配 祭壇など葬儀内容をJAスタッフとともに決め必要なものを手配します。

    • 葬儀の基本コース・オプション・香典返し 見積り。
    • 葬儀に必要なものを手配します。
  • 5. 葬儀の準備 生花・供物をとりまとめ、通夜・葬儀の役割分担を決めます。

    • 親戚間で供えるものを相談します。
    • 親戚関係については取りまとめ係り、集金係を決めるとスムーズに運びます。
    • 組・お手伝いの方に、受付係・接待係・などを決めます。
    • 遺族代表の挨拶、位牌、遺影を持つ人・棺の持ち手を決めます。
    • 新聞の広告などの手配します。
    • 通夜弁当の親戚・組・お手伝いの手配をします。
    • 野飾り(地域寄付等)があれば連絡を入れます。
  • 6. 納棺 ご遺体を棺に納めます。

  • 7. 通夜式 ホールスタッフの指示に従いJAで通夜式を行います。

  • 8. 葬儀前の最終確認 弔電の奉読順位など喪主・世話役・JAで最終確認を行います。

    • 告別式弁当・初七日料理の親戚数・お手伝いの数量を把握し手配します。
    • 弔電奉読の順番を決めます。
      弔電が多い場合は、2~3通の本文を読み上げ、数通の名前を読み上げます。
    • 弔電がある場合は、司会者に肩書き・氏名を伝えます。
    • 遺族代表の挨拶文を用意します。
  • 9. 出棺 近親者から順に棺にお別れ花を入れ最後のお別れをします。

    • 寺院の指示に従い、お別れの儀を執り行います。
    • 喪主・遺族・親戚の人は棺の周りに集まります。
    • 故人の愛用品などを棺に納め、喪主より順にお花を納めます。
    • 棺・位牌・遺影の順で葬列を組み、棺を霊柩車に納めます。
  • 10. 火葬 火葬場では係員の指示に従い火葬が終了するまで控室で待機します。

    • 火葬場に到着したら、火葬場の係員の指示に従います。
    • 火葬中は、控室で収骨の案内を待ちます。
    • 収骨後は、火葬場係員より埋葬許可証を受け取ります。
  • 11. 葬儀・告別式 葬儀の式次第は宗旨宗派によって異なりますが一般的には次の順で行います。

    • 開式10分前に着席します。

      (葬儀式次第例)
      開式→僧侶入場→読経→弔電拝受→弔電拝読→焼香→閉式

    • 式中は、司会者の指示に従って行動します。
  • 12. 初七日法要 葬儀後に初七日法要を営み法要後の会食の席で出席者をもてなします。

    • 初七日法要は司会者の進行に従って、僧侶の法話、世話役の挨拶、喪主の挨拶を行います。

サービスのご紹介

  • お供えをされる方
  • お料理
  • 返礼品・香典返し
  • その他のサービス